リサイクルトナーの品質

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

純正品と呼ばれるトナーは、メーカーが本体価格を安くして販売する代わりに交換や補充が必要となる消耗品などに翁利益を上乗せしているため、価格が高い傾向にあります。純正品だからといって必ずしも故障や不具合が起きないという保証はなく、むしろ商品開発や保証に力を入れているリサイクルトナーの方が、使い勝手がいいという声もあります。

リサイクルトナーのなかには、純正品の10分の1程度の価格で販売されているものもあり、常に安売りを目玉にしている業者が存在しています。しかし、品質を一定以上に維持するためには、当然ながらコストがかかるため、あまりにも安過ぎる商品は、どこかに大きな欠陥があることも考えられるため注意が必要です。

リサイクルトナーは、一般的には、使用済みの純正品を回収、再生したものをいいますが、最近は廉価な海外製の模造品や互換品も数多く市場に出回っており、トラブルの原因になることもあるようです。リサイクルトナーは、回収した純正品を加工する工場によってその品質が決まるものであり、回収された純正品による違いではなく、加工過程によって大きな差が生じるものです。つまり、リサイクルトナーは、再生工場別に生産されたオリジナルの商品と言えるため、業界団体などに加盟している工場の製品であるなど、一定の条件をクリアしていれば安心できるということになります。