不具合が生じることもあるリサイクルトナー

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

回収した純正品は、分解や洗浄、消耗部品の交換などを行ってリサイクルトナーに生まれ変わります。業者のなかには、安く抑えるために十分な作業過程を経ずに出荷することもあり、トナー補充だけで販売されるものは、不具合が多く生じることがあって当然となります。繰り返し使用する消耗部品は、摩耗、劣化し、粉塵の詰まりもあります。分解、洗浄、部品交換などの過程を省略すれば、作動不良や不具合が頻発するリスクは高くなります。

しかし、全ての部品を交換するとコストを抑えることにはつながらないため、いかに消耗部品を見極めるかが大切な作業となります。出荷時だけでなく使用頻度を見越して交換が必要となるような部品まで交換するのが信用できる業者と言えるでしょう

また、リサイクルトナーという商品の性質上、使用しているなかで不具合が生じるリスクはゼロとは言えません。回収された純正品を適切に分別、部品交換などを行っていても100本に数本程度の割合で不具合が生じることをあらかじめ了承して購入するのがリサイクルトナーなのです。したがって、購入後の印字不良などの不具合が発生した場合に、迅速、丁寧に対応してくれるか、故障時の対応などを明示した保証書が添えられているかなどが、業者を選ぶポイントとなります。