信頼できるリサイクルトナー業者の選び方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

不具合が生じるリスクを承知しながら安くで購入できるリサイクルトナー。やはり、一番の心配は、不具合や動作不良になった際のサポート体制でしょう。購入時に、保証期間が何年なのか、不具合が生じた場合の保証範囲はどこまでで、どこからが有償となるのか、リサイクルトナーが原因で本体が故障した場合の保証があるのか、などについて、確認しておく必要があります。信用のおける業者は、外からは判断できないトナーの容量を少なくしてコストを抑えるようなことはしません。また、印字枚数の保証や印字品質のテスト済みなのかなどについても確認できる業者は安心できます。つまり、顧客の目に見えない部分であっても手を抜かずきちんと仕事をしていると信頼できる業者を選ぶことが大切なのです。

不具合が生じた際にすぐに業者に連絡できるように電話番号や問い合わせ窓口サイト、保証期間に保証できる内容、有料修理となった場合の修理費概算などについてわかりやすく表示、掲載されているか、即日対応してくれるのか、不要カートリッジの無料回収はあるのか、など、細かな点についても比較して業者を選ぶことも大切です。このように、リサイクルトナーは、ただ値段が安いというだけで選ぶのではなく、購入後のサポート体制がしっかりとしている信頼できる業者選びから始めることをおすすめします。

不具合が生じることもあるリサイクルトナー

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

回収した純正品は、分解や洗浄、消耗部品の交換などを行ってリサイクルトナーに生まれ変わります。業者のなかには、安く抑えるために十分な作業過程を経ずに出荷することもあり、トナー補充だけで販売されるものは、不具合が多く生じることがあって当然となります。繰り返し使用する消耗部品は、摩耗、劣化し、粉塵の詰まりもあります。分解、洗浄、部品交換などの過程を省略すれば、作動不良や不具合が頻発するリスクは高くなります。しかし、全ての部品を交換するとコストを抑えることにはつながらないため、いかに消耗部品を見極めるかが大切な作業となります。出荷時だけでなく使用頻度を見越して交換が必要となるような部品まで交換するのが信用できる業者と言えるでしょう。

また、リサイクルトナーという商品の性質上、使用しているなかで不具合が生じるリスクはゼロとは言えません。回収された純正品を適切に分別、部品交換などを行っていても100本に数本程度の割合で不具合が生じることをあらかじめ了承して購入するのがリサイクルトナーなのです。したがって、購入後の印字不良などの不具合が発生した場合に、迅速、丁寧に対応してくれるか、故障時の対応などを明示した保証書が添えられているかなどが、業者を選ぶポイントとなります。

リサイクルトナーの品質

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

純正品と呼ばれるトナーは、メーカーが本体価格を安くして販売する代わりに交換や補充が必要となる消耗品などに翁利益を上乗せしているため、価格が高い傾向にあります。純正品だからといって必ずしも故障や不具合が起きないという保証はなく、むしろ商品開発や保証に力を入れているリサイクルトナーの方が、使い勝手がいいという声もあります。リサイクルトナーのなかには、純正品の10分の1程度の価格で販売されているものもあり、常に安売りを目玉にしている業者が存在しています。しかし、品質を一定以上に維持するためには、当然ながらコストがかかるため、あまりにも安過ぎる商品は、どこかに大きな欠陥があることも考えられるため注意が必要です。

リサイクルトナーは、一般的には、使用済みの純正品を回収、再生したものをいいますが、最近は廉価な海外製の模造品や互換品も数多く市場に出回っており、トラブルの原因になることもあるようです。リサイクルトナーは、回収した純正品を加工する工場によってその品質が決まるものであり、回収された純正品による違いではなく、加工過程によって大きな差が生じるものです。つまり、リサイクルトナーは、再生工場別に生産されたオリジナルの商品と言えるため、業界団体などに加盟している工場の製品であるなど、一定の条件をクリアしていれば安心できるということになります。

 

コスパ抜群のリサイクルトナー

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ビジネスでもプライベートでも、パソコンとセットとして使用するのが当たり前となっているプリンタは、画像や文書を作成した仕上げ文書といて提出したり、保存したりするのになくてはならないものです。ビジネスで使用する複合プリンタでは、作成文書の印刷だけでなくFAXやコピーなどで使用頻度が高く、印刷用紙とともにトナーの消費スピードが著しく速いものです。トナーは消耗品であるため、新品に取り換えるのが当然ですが、決して安いものではないため、なくなる度に新品交換しているとランニングコストに大きな負担をかけてしまいます。そこで評判となっているのがリサイクルトナーです。

リサイクルトナーは、通常、使用済みとして廃棄されるトナーを回収し、専門の工場で、分解や洗浄、部品交換やトナー充填などを施して再度、使用できるような状態にしたものあり、新品の純正トナーを購入するよりもかなりリーズナブルな価格で手に入れることができます。また、資源の枯渇や地球環境への影響が叫ばれているなかで、地球に優しい商品としても注目されています。会議やプレゼンの資料、打ち合わせ資料など、ビジネスで印刷、配布する文書は、それほど高品質なものである必要のないモノクロであることが多く、コストを抑えて効率よく仕事をする上では、リサイクルトナーの使用がピッタリと言えるのではないでしょうか。ネットでも数多く販売されているリサイクルトナーは、どのようなことをポイントとして商品や業者を選べばいいのかについて説明します。